FC2ブログ
2020.02.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  2020.04.
大和と綾瀬なのに厚木基地(厚木海軍飛行場)
厚木基地に行ってきました。

厚木基地
写真は薄眉毛氏。


名前の由来

敷地は綾瀬市と大和市にまたがっているが、両市とも名前の由来となっている厚木市との間は海老名市や相模川によって隔てられており、地理的に「厚木」との関連性が全くない。なぜこの飛行場に「厚木」の名がつけられたのかについては昔から様々に論じられているが、どの説も決定的な説得力を欠くため、これといった定説はない。比較的知られている例を挙げると、

1. 「大和」は当時の最高軍機であった戦艦大和に通じ海軍飛行場の名前には適さないとして、近隣の地名で大山街道の宿場として比較的名の通った「愛甲郡厚木町」から名前を取ったとする説。

2. 海軍が防諜の目的で所在地を欺瞞するため、意図的に違う場所の名前をつけたとする説。

3. 完成当時の飛行場所在地の地名は「高座郡大和村・綾瀬村・渋谷村」であるが、「大和」「綾瀬」「渋谷」のいずれも他の有名な土地(大和國・つまり奈良県、東京市足立区綾瀬、東京市渋谷区)と重複する名称で紛らわしい為、1と同じく「愛甲郡厚木町」から名前を取ったとする説。

4. 建設当時は「大和村・綾瀬村・渋谷村」は農村地帯で、飛行場の所在地は当時神奈川県の中でも交通の便が悪い所である為、飛行場へ案内する都合上、大山街道の宿場町であり、商店や料理屋・旅館が立ち並んでいた「愛甲郡厚木町」から名前を取ったとする説。

などがある。とりわけ1については広く人口に膾炙され半ば都市伝説と化しているが、厚木飛行場完成後の1944年、海軍が奈良県で実際に「大和飛行場」を建設しているため、この説には矛盾が生じる。また2については、飛行場という施設の特徴上、異なった土地の名前を付けた所で敵機が空から見れば一目瞭然の為、効果は疑わしく、他の飛行場でも同様の例が殆ど見られない事からこちらも信憑性が低い。一方、3及び4については、多少の妥当性が認められるものの、実際に命名に関与した者が生存している可能性は極めて低く、現在では真相を知り得る機会はほぼ完全に消失している。

なお、同じ様に相模川東岸にあるにも関わらず、「厚木」を名乗っている物として小田急小田原線・JR相模線厚木駅がある。また、繊維メーカーのアツギ(旧社名:厚木ナイロン工業)も本社工場が海老名市であるが、こちらは厚木基地の知名度を利用して基地名が逆に企業名に採用された物である。(ウィキ)


グッちゃんコメントありがとう!

あそこかぃー氏。拍手ありがとう!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村


じゃらんnet(jalan)東京近郊温泉。小田急沿線・厚木市、元湯旅館のホームページ


2010.11.20 Sat 00:09
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET  管理者だけに表示する

TRACKBACK URL

プロフィール

温泉ソムリエT-AKADA

Author:温泉ソムリエT-AKADA
ベイスターズファンの高田氏の手柄をブログに掲載する予定・・・笑
温泉ソムリエ、温泉入浴指導員です(^^)

最新記事
FC2カウンター
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
トラックフィード
track feed 東京温泉ソムリエたぬき
厚木市からのトピックス
zenback
検索フォーム
最新トラックバック